技術の向上

Ⅰ 手づくりによる成形技術の向上をめざして


 テレビ等のイメージで陶芸というと電動ロクロを連想される方が多いのですが、実際には手づくりによる作品が圧倒的に多いです。将来、電動ロクロによって作品をつくる場合においても、最後の仕上げは手づくりの技術によって完成されます。このように考えると、まず手づくりによってどのような作品ができるのか、良く学ぶべきであります。

①手びねり(玉づくりと一般に言われています)

 指で土に触れることを通じて、その土の特性、具体的には土の可塑性の良し悪しや、水分状態の良否を知ることになります。さらに、どのように圧力を加えると、土がどのような動きをするか知ることになります。特に左手の指の動きは重要で、一般的に右利きの人は左手の指の訓練は全くされず、未開発となっています。左利きの人はその逆です。陶芸は両方の手、指の一体化した動きが重要です。

課題

作品 使用する土の量
飯茶碗 500g
どんぶり 1kg
500g
1kg
自由製作

②ひもづくり

 太古より、大きなカメ、ツボ等は土のひもによってつみあげ、成形されます。また、三角や四角等の変形作品もひもづくりによって成形されることが多いです。応用度の高い技術です。

課題

作品
ソバチョコ
ビアカップ
コーヒーカップ
ビアジョッキ(把手あり)
角柱
三日月柱
S字花瓶
ひも残しのひもづくり
自由製作

③板づくり(タタラづくり)

 手びねりやひもづくりのように複雑な表情を持つ作品を作ることは難しいですが、はじめに均一な厚みを持つ粘土板をつくるので、他の方法のように、削って調整する、仕上げをするという手間が省け、完成度の高い作品を短時間でつくるのに適しています。また、板づくりはやわらかいうちに変形、加工する方法と、板自体を乾燥させて作品化する方法と2つの技法があります。両方を組み合わせることによって、相当複雑な造形も可能となります。

課題

作品
[軟質]浅い皿の鉢
[軟質]丸形
[軟質]卵形
[軟質]角形
[軟質]コーヒーカップ
[軟質]円筒(つき合わせ)
[硬質]六面体
[硬質]箱もの
[硬質]角柱
自由製作

④削り出し

 この技法は、もっとも複雑な作品づくりに適している。人形、動物、香合(こうごう)等はこの技法によって作られています。この技法の良さは、誰にでも複雑かつ巧妙な作品をつくることができるということです。

課題

作品
ピラミッド
果物(季節)
動物
自由製作

⑤大物製作

 玄関を飾る傘立て、居間に置かれる大きな花瓶、これらをつくろうとする際に避けて通れないのが、この大物製作による技術の練磨です。基本的にはひもづくりによりますが、大物となると一日では完成しません。翌週また続けての製作となりますが、ここに大きな問題があります。第一に、この問題の解決が主目的でありますが、造形に対する考察と装飾の基本を理解することも目的となります。成形された表面に他の土を貼りつけたり、表面を削って加工する技術を学びます。その点、縄文土器はすぐれて装飾された作品であり、この装飾された土器は日本人の造形に対する基本的な姿勢が表現され、日本人の美意識の原点ともなっていると思います。

課題

作品
縄文土器の模倣

Ⅱ 土練りの練習


①荒ねり

 異なった土を混練する場合、土に可塑性をもたせるため、あるいは除粘するために木節(きぶし)粘土や砂を混ぜる場合、あるいは著しく乾燥のすすんだ土と水分の多い土を混ぜる場合、または全体に水分調整が不十分であった場合など、荒ねりを行います。荒ねりが不十分だと後の成形に著しい困難をともなったり、変形や亀裂の原因となります。荒ねりは極めて重要な作業です。

②本ねり(菊ねり)

 本ねりの目的は荒ねりを行った土をさらに完全な練土とするばかりでなく、中に含まれた多数の気泡をつぶし、追い出すことです。特に、気泡を十分につぶしておかないと、成形が困難になるばかりでなく、乾燥中の作品にキレが出たり、焼成中に破壊されることとなります。本ねりの形状が菊の花びらのようであることから菊ねりと言いますが、国や地域によって種々の本ねりの仕方があります。

Ⅲ 装飾技法


 ここに紹介するものは一般的なものですが、それゆえに汎用性の極めて高い技法であり、少しの工夫によってその装飾は多様な表現の可能性を持つものです。この基本の中にいくらでも人が気づかない未発見の技法が隠されていると考えられます。

①白泥による装飾技法
1本刷毛目(丸・四角・三角・ロー抜き)
総刷毛目
粉引
指かき
型紙による
イッチンとスリップウェア
②象嵌(ぞうがん)
絵象嵌
面象嵌
面象嵌+線象嵌
はりつけ
自由製作
③練込(練り上げ手)
うずまき
縞模様(等分の線・アトランダムな線)
うずら手
作品の合成
マーブル

Ⅳ 電動ロクロ


①土ごろし
②切り下げの方法と小物づくり
ぐいのみ
小茶碗
③1本引き
500g作品(筒づくりの練習)
500g作品(茶碗)
500g作品(鉢)
500g作品(皿)
500g作品(袋もの)
1kg作品
1.5kg作品
2kg作品